The regional character of Japanese pottery

Bizen

Bizen pottery!  One of the six remaining kilns of medieval Japan. 

Bizen pottery
Bizen pottery

Bizen pottery!  One of the six remaining kilns of medieval Japan. 

備前焼きは、日本六古窯の1つで、日本の古墳時代の須恵器(すえき)の製法がもとになり、平安時代からはじまったと言われています。


Bizen pottery is made in おかやま prefecture(west side of Japan) in Japan.

Bizen pottery is famous stoneware in Japan. Bizen is one of the six remaining kilns of medieval Japan.

現在の岡山県で作られています。

 

It usually made from Non-porous clay. It is unglazed pottery. We can enjoy clay’s natural taste of clay. Surface colors and patters by flames and ashes is characteristic.

備前焼は、通常釉薬をかけません。約2週間前後1200度以上の高温で焼きます。高温で焼くため強度が強くなっています。

 

Bizen pottery is popular in tea ceremony in medieval Japan.Tea celemony prefer nature and natural taste. Bizen yaki is fit to Japanese wabi-sabi sprit -quiet simplicity and subtle taste. 

備前焼は桃山時代に茶の湯で人気になりました。茶道では、釉薬をかけない土の表情が味わえる自然の風合いが好まれました。

 

It is mostly fired at hight temperatures for ten to forteen days. So it is durable. Toyo Kaneshige(1896-1967)is most famous artist at Bizen pottery. 

昭和になると金重陶陽が、桃山時代を手本に芸術性の高い作品を生み出し人気が高まる。陶陽は重要無形文化財、人間国宝に認定され、その後も弟子たちが人間国宝に次々と認定され、備前焼きの人気が不動のものとなりました。

 

I think Bizen pottery suits bright color flower and sweets. It is also fit to natural furniture.

備前焼きは、暗めの自然の土を感じさせる色なので、色鮮やかなお花などを生けると、花を引き立ててくれます‼︎




0 コメント