APPLE POTTERY JAPANにつきまして

APPLE POTTERY JAPANのご紹介

APPLE POTTERY JAPANに、来ていただきありがとうございます。

 

APPLE POTTERY JAPANは、2015年にオープンたサイトです。日本の美しい陶磁器についてあれこれ書かせていただいています。書籍や、美術館の展示会、陶器のお店のHPなどの情報をもとに、知ったことや感想を書いています。

 

彩りと喜びを与えてくれる、陶器!

 

 日本の陶磁器に興味を持ったのは、結婚し子どもができ、益子の陶器市に数年に渡って訪れるようになってからです。小さな子どもがいて、外出に制限のある環境の中で、日常の中で美しいお気に入りの陶器を使うことは、生活に大きな彩りと喜びを与えてくれました。

 

有田や益子の陶器市をまわるうちに、すばらしい作品に出会いました。陶器作家のかたが、いろいろな苦労を乗り越え情熱をこめて、作品を作っていらっしゃるのも感じるようになりました。

 

美しい、伝統文化に癒されて

 

 

私の母は、私が幼いころ、家で着物に日本刺繍を挿す仕事を請け負っていました。母が刺繍をする時間は決して幼児の私にとっておもしろい時間ではありませんでしたが、色とりどりの艶やかな絹糸で紡ぎだされる、日本の伝統模様の着物の刺繍は美しく、幼児ながら、心を奪われました。ですが着物が日本の日常から離れていき、わたしが小学校になるころには着物に刺繍する仕事もこなくなりました。

 

それでも仕事をはじめてからも、いけばなをしたりと、いつも美しい日本の伝統文化に魅了され癒されていました。

 

日本の手作りや伝統工芸のこれからは?

着物の刺繍というのは、精密さが必要で非常に地味で根気がいる仕事で、受け継ぐのも難しかと思います。そのよさを理解してくれる人があまりいないため、日本刺繍の伝統は先細りになっています。日本刺繍だけでなく漆器・箪笥・竹細工・紬・鉄器・和紙・織り・七宝・皮・切子・木彫り、日本の伝統工芸のよさは、また再認識されてきてはいますが、緻密さや高度な熟練が必要で、地味な作業をする職人はやはり減ってきていると言われます。

 

美しい陶磁器や、伝統文化のご紹介

陶器の世界も、せっかく日本の伝統工芸や文化を受け継いだ、すばらしい作家さんの作品がたくさんあるのに、なかなか私自身を含め日常に届いていないのではないか思います。大好きな日本の美しい陶磁器や伝統文化ついてもっと知り、ご紹介していこうと、本サイトをオープンいたしました。最初は英語で海外のかたにご紹介していたのですが、日本語でも少しずつ書いています。

 

行き届かぬ点もあるかと思いますが、しばしのサイトの閲覧を楽しんでいただけますと幸いです。

 

APPLE POTTERY JAPAN