源右衛門窯を訪ねて! 有田焼

ハンドメイド! ろくろから絵付けまで

源右衛門の器は、ろくろ、下絵付け、本窯、上絵付けから上絵窯まで、手作りで一つ一つ作られています。

 

有田で長年にわたって培われてきた、熟練の技で作られています。それそれの制作工程で完璧な仕事が要求されます。

 

神経つかう地道な作業

ご縁があり少し作業場を見せていただきましたが、伝統工芸はやはり受け継ぐのが大変だな~と感じました。

 華やかな器ですが、作るのは細やかに神経つかう非常に地道な作業です!

 

色がべったとしていない! 美しいグラデーション

手作りのものは、絵付けの部分をよく見ると、色がベッタッと塗られておらず、微妙なグラデーションがあることがわかります。

 

手作りの絵付けと機械づくりを比べてみよう

機会があったら、手作りの絵付けとそうでないものを見比べてみてくださいね~。手作りの繊細さと美しさがよくわかります。

 

熟練の絵付け!世界でも日本でも高い評価

源右衛門窯の現在の陶器の特徴的なスタイルは、日本のみならず世界でも高い評価をうけています。特に伝統を受け継いだ熟練を必要とする絵付けの筆さばきは素晴らしいです!

源右衛門 有田窯元をたずねて!

有田の源右衛門窯では、美しい庭園があり、源右衛門の陶器や陶器をつかった家具の数々がみられます。

 

 

蓋つきの動物柄のお茶碗、素敵です~。

金魚鉢大のボールや陶器のランプ、美しい陶器の青が自然に映えます!

源右衛門窯 有田窯元

〒844-0023

佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2726番地

 

東京店もあります!

●源右衛門窯 東京店

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目10−1 章山堂ビル 1F