古伊万里は、釉薬がたっぷり!

戸栗美術館の『初期伊万里展』に行ってきました!『初期伊万里展』では、すばらしい古伊万里作品が見られ、特徴についても詳しく説明があり、その魅力がよくわかりました!

 

 

伊万里として知られてた、有田焼

1610年代に、佐賀の有田で陶器がつくられ始めました。伊万里港から、海外に送られました。そのため世界では、有田焼は『伊万里』として知られるようになりました。今でも『伊万里』は世界で人気です!

 

 

古伊万里は、釉薬がたっぷりかかっています

 

 古伊万里の大きな特徴は、「釉薬がたっぷり」かかっていることだそうです! 上の写真のポスターでも、なんとなく白い陶器などの釉薬がたっぷりしていて、つややかな白の雰囲気が伝わりますでしょうか? 

 

初期の伊万里は素焼きされていませんでした。絵付けの前に素焼を行わない「生掛け」でつくられていまいした。

 

●通常の陶器

ろくろ素焼き絵付け・釉薬→本焼き

●古伊万里の陶器

ろくろ絵付け・釉薬→本焼き

 

素焼きしていないので、粘土は釉薬をかけて焼くと、水分がなくなり少し小さくなります。釉薬も、たっぷりかかった雰囲気になります。

 

Old imari (post card)
Old imari (post card)

釉薬のガラス質が、美しく光を反射!

たっぷり釉薬を含んだ陶器は、ガラス質を含んでいるので光を反射しして、美しく見えます。

 

時代を経るにつれ、しっかりと釉薬を粘土がつくように、陶器に素焼きして乾燥させるようになっていきます。古伊万里の白が、やわらかく美しくみえたのは、作る工程が違って釉薬がたっぷり塗られているからなのですね。わたしはガラスの食器も大好きなので、古伊万里の白に惹かれる理由がわかりました!

 

 

イギリスの有名陶芸家、ルーシーリーも、釉薬を塗る前に素焼きしない「生がけ」で陶器を作っています。有名作家は古伊万里と同じ技法で、美しい作品を作っていたのですね。