“The dishwares as a cloth(Kimono) for food” by Rosanjin 器は、食べ物にとって着物(服)のようなもの by魯山人

I read “ROSANJIN”.

 

Kitaōji Rosanjin* (北大路 魯山人, 1883–1959) was a noted artist and pottery designer and chef in  Japan. 美食家、アーティスト、陶器デザイナーとしても有名な魯山人の本を読みました。

 

He was born in Kyoto, at first became distinguished calligrapher.Then he ran an famous antique shop and a member-only restaurant in Tokyo.

彼はもともと京都で有名な書道家でした。その後東京で有名なアンティークショップを開き、会員制の美食倶楽部(レストラン)を経営したのですね。

 

His word“The dishwares ware as a cloth(Kimono) for food” is known.

器は、食べ物にとって着物(服)のようなものである。という言葉が有名だそうです。たしかに、どんな素材のいいひとでも服がよくないといまいちですものね。


魯山人の美意識の高さをよくあらわした言葉ですね。器の価値をよく言い表しています(^^)

 

(“ROSANJIN” edited by National Museum of Modern Art, Kyoto and Adachi Museum of Art, Mitsui Memorial Museum, NHK Promotions Inc., Nikkei Ink.)”

 

Some Characteristics of Rosanjin's designed pottery

 (ref. The book “ROSANJIN”)

 

1.  modeled on the old ways (Antipue ceramics) ! 古来の陶磁器をモデルに

Rosanjin learned from the ming dynasty in China and the Momoyama and Edo Perid in Japan -Kanzan**, Orobe, Kutani***, Old blue and white pottery in in China and Japan****. He attempted to alter them.

魯山人は、中国や桃山•江戸時代の陶磁器、乾山、織部焼き、九谷焼、古い染付けなどに学んでいます。温故知新ですね。

 

2.  Based on Japanese seasonal and Natural motif 日本の伝統的な季節や自然の模様をデザインしていました

His pottery had Japanese seasonal and Natural motif Camellia, Mt.Fuji, iris, Moon, Sun, pampas grass, bird, crab, shrimp, bamboo, leaf, fish, river .

富士、百合、ススキ、鳥、蟹、エビ、竹、葉、魚と言った、花鳥風月といった伝統的な日本の模様を斬新にリデザインしています。

 

3.  He was distinguished calligrapher and has a talent for painting 魯山人は、書道家•画家としても傑出していました。

His potterys have good paintings or calligraphes by him.

魯山人は、書道家•画家としても傑出していました。同じように、世界的にも人気の高い琳派の画家、尾形光琳の弟の尾形乾山は、絵やアートの才能にも恵まれ、大胆な図柄や色絵ユニークな形の器を作っていて、日本の陶芸の歴史の中でも傑出した作家です。

 

 *Kitaōji Rosanjin

**Kanzan

***Old Kutani

****Old Blue and white pottery