The influence of zen Buddhism for Japanese pottery

日本の陶器には、禅が大きく影響しています。室町時代の茶の湯でお茶碗が人気になり、禅や仏教の考えであるわびさびを重視した自然の土や釉薬の風合いが見られるお茶碗が使われるようになりました。今でも日本では、ヨーロッパのように絵や形で魅せる陶磁器だけでなく、自然の土の風合いや釉薬の変化が現れる陶器が広く使われています。


The zen sect is one of the denomination of Buddhism.

The essence of zen teaching is the ultimate harmony between "nature in man" and "man in nature". They thought discipline(Zen meditation) in attaining the genuine state of nature is necessary.

仏教の一派である禅。禅の教えの根幹には、【自然との調和】【自然の中の人間】といったものがあります。禅の瞑想には、自然の中での瞑想や修行がかかせません。もともと茶は禅の修行で、お茶を飲んで目を覚ますために使われたという説もあります。


Being in with nature and out with self is important for art-haiku, pottery, Japanese flower arrengement, the tea ceremony, martial arts.

茶の湯の時代には、自然を強調するため、自然さを強調させるためわざと不完全に作られた陶器が好まれました。神道でも、御神木など石や木を崇拝したりと自然崇拝があります。仏教(特に禅)や神道の自然崇拝は、今の日本の器に色濃く跡を残しています(^^)


sabi-elegant and simplicity

wabi-subtle

 

So Japanese pottery is sometimes elegant and simplicity and subtle. (see.The difference between pottery and ceramic) Also we enjoy the natural changing for tea and sake permeate into pottery. Useing Japanese pottery, you might feel the harmony between "nature in man" and "man in nature"