Gen-emon porcelain album in arita 有田の源右衛門コレクション

Cobalt blue, green and yellow コバルトブルー、緑、黄色

Gen-emon porcelains are popular around the world for its vivid colors(especially cobalt blue, green and yellow) on a milky-white appearance. 

民泊させていただいたお家で、ゆっくり集められた源右衛門コレクションを見せていただきました! 源右衛門は、皇室の献上品にもなっていて、国内外で鮮やかな絵付けが人気です。乳白色に、コバルトブルーに鮮やかな緑、レモン色が華やか。モチーフも、伝統的な動物や植物など、洗練されたデザイン。

 

Regarded in Old  Imari and abroad

In the 17th century, porcelain known as Imari ware was exported from Japan to Europe. The 6th the head of the Gen-emon kiln went to see old  Imari to Europe. Also Gen-emon had collaboration with HREND PORCELAIN in the Republic of Hungary or Tiffany & Co.. So the present styles of Gen-emon kiln, which are highly regarded both in traditional Japan and abroad.

17世紀、ヨーロッパから日本に輸出された磁器は、伊万里として知られ人気を誇っていました。6代の源右衛門は、ヨーロッパに古伊万里を見に行きました。日本より、素晴らしい古伊万里のコレクションが残っていたにですね! また源右衛門はハンガリーのヘレンドやティファニーといった高級ブランドとコラボレーションしています。今の源右衛門のスタイルは、古伊万里、中国、ヨーロッパの磁器を研究し尽くし築き挙げられてきました。

Skillful brushwork

It requires skillful brushwork.(see. handpainting and print)

handpainting

It has beautiful gradation blue by brushwork.

print

It has no beautiful gradation of blue.