Kaki-emon Kiln-arita porcelain 柿右衛門窯を訪ねる

I visited Kaki-emon Kiln in arita last holiday. There are Kakiemon shop and Kakiemon museum.

有田の柿右衛門窯に行ってきました‼︎ 柿右衛門のお店と美術館があります。


In the 17th century, porcelain known as Imari ware was exported from Japan to Europe. Kakiemon was especially populer around the world for its beautiful red colors on the milky-white appearance(Kakiemon white).

17世紀、伊万里は、ヨーロッパで日本の代表的な陶磁器の産地として知られていました。柿右衛門は、中でも美しい赤と、乳白色で特に人気でした。


Hiroshi Sakaida, the head of the Kakiemon family. He succeed his father, the 14th Kakiemon Sakaida, who passed away few years ago.

15代の酒井田柿右衛門は、5年前に父親の14代柿右衛門から、柿右衛門を襲名しました。



At the Kakiemon museum, we can see 13the, the 14th and the 15th, Kakiemon Sakaida. I prefer 13the and the 15th(the head of the Kakiemon family),  Kakiemon Sakaida than the 14th(ex-the head of the Kakiemon family). So I expect new Kakiemon.

柿右衛門美術館では、13代、14代、15代の酒井田柿右衛門を見ることができます。わたしは13代と15代の酒井田柿右衛門の絵付けが好きでした。余白の使いかたが素敵でした(^^)


Address
352, Nanzan Tei, Arita-cho Nishimatsuura-gun, Saga-ken, JAPAN
Tel: (+81)955-43-2267