Hasami ceramic-traditional forms, modern design 進化し続ける波佐見焼

Hasami ceramic
Hasami ceramic

The porcelain made in the area of the former around the town of hasami. Especially blue and white ware and celadon is termed Hasami ceramic. With Arita, Hasami was part of the great porcelain production area.

波佐見では、伝統的に磁器が盛んに作られてきました。特に藍色で絵付けした染付けで知られています。有田とともに波佐見は、磁器の主要な産地です。

 

Especially of Mori Masahiro. (1927-2005) is major modrn Japanese porcelain designer. Mori designed at Hakusan Toki Co.,Ltd. He was received Many national or international prize.

特に森正洋さんは、波佐見焼きの商社として有名な白山陶器や、無印良品で数々の人気デザインを手がけました。カイフランクなどの北欧デザインの影響を受け、白など無地にすることで模様のあるデザインよりも、形自体に、より目がいく磁器を多く作りました。


白い、形にこだわったシンプルで美しい磁器を日本で流行させたきっかけとなったことで知られています。110以上のグッドデザイン賞を獲得。


He combined contemporary serial production with traditional manual arts and craft. He also designed dish series for Muji, a company with a wide selection of products and many shops worldwide has a series of hasami ceramic production.

無印良品の波佐見シリーズは国内外で高い人気を誇りました。また伝統的な日本の絵柄をモニマムに、ポップにデザインしている作品も人気です。

 

Along with traditional forms, modern design is there now in Hasami ceramic.

伝統的な日本のデザインに加えて、デザインにこだわった高品質だけれど高級過ぎない作品が、波佐見焼きが人気!

 

 Store - Hasami ceramics 

Hasami ceramic
Hasami ceramic