カテゴリ:磁器



21日 8月 2018
新宿京王デパート6階で開催された、えきのり子展(2018年6月28日~7月4日)に行ってきました。 購入したボールは、澄んだ水色です。以前ピピ島や西表島で見たビーチの水を思い起こさせるような美しい色の磁器です! 朝のコーヒー、スープ、抹茶まで、薄くて丈夫で、とても使いやすいです。抹茶のグリーンにもよく映えたりと、美しい水色に癒されます~。 以前台湾で購入した青磁がお気に入りで実家でずっと使っていました、結婚してからあまり青磁を使ったことがなかったのですが、やはり青磁には特別な存在感があります。青磁が、歴代の中国皇帝に愛されたのがわかります! 青磁は作品を作るのも難しいそうです。受注販売は行っていないとのことで、在庫があったので譲っていただけました^^ 新宿京王デパート6階は、大倉陶園・源右衛門・ノリタケ・深川製磁など老舗の陶磁器ショップが入っていて、日本中の有名陶磁器が手に入ります。 日本の伝統的な陶磁器のお気に入りのものが見つかるかもしれません。
18日 8月 2018
ハンドメイド! ろくろから絵付けまで。源右衛門の器は、ろくろ、下絵付け、本窯、上絵付けから上絵窯まで、手作りで一つ一つ作られています。 有田の源右衛門窯では、美しい庭園があり、源右衛門の陶器や陶器をつかった家具の数々がみられます。 蓋つきの動物柄のお茶碗、素敵です~。金魚鉢大のボールや陶器のランプ、美しい陶器の青が自然に映えます!
20日 4月 2018
I visited to view cherry blossom in a beautiful gerden at hotel chinzanso in tokyo.‎ It had Eisui Nogami's Kutaniware exhibision. Eisui Nogami's Kutaniwares are brilliant and elegant. お花見で訪れた江戸川橋の椿山荘。 野上映翆さんの九谷焼の展示をしていました! 華やかで、上品な作品でした。 椿山荘の荘厳な雰囲気、広大な庭園のグリーンと調和していました。
24日 11月 2016
I read “ROSANJIN”. Kitaōji Rosanjin* (北大路 魯山人, 1883–1959) was a noted artist and pottery designer and chef in Japan. 美食家、アーティスト、陶器デザイナーとしても有名な魯山人の本を読みました。 He was born in Kyoto, at first became distinguished calligrapher.Then he ran an famous antique shop and a member-only restaurant in Tokyo....
24日 5月 2016
I read “日本の手仕事をつなぐ旅 うつわ (written by久野恵一(1947-2015))” 鎌倉でもやい工藝という陶器のお店をしていて、日本の民藝の運動に大きな影響を与えていた、久野恵一さんの本、“日本の手仕事をつなぐ旅 うつわ (久野恵一(1947-2015)”を読みました(^^) I think the author thought good pottery had (Of course the skill of forming and artistic quality is most important)...
17日 5月 2016
I read “日本の手仕事をつなぐ旅 うつわ (written by久野恵一(1947-2015))” He wrote how to know the tea cup is good or not ! He wrote "The lip and the foot is very important." About the lip Can it drink well without leaking tea? I think the curve under the lip is important not to drip tea droplets. 鎌倉でもやい工藝という陶器のお店をしていて、日本の民藝の運動に大きな影響を与えていた、ひさの恵一さんの本を読みました。...
28日 3月 2016
I visited OUTBOUND -pottery shop at kichijyoji in Tokyo. There are handmade potterys in Japan. OUTBOUND opened in 2008. Warm, common touch and simple potterys are there. Especially at that shop I liked kumagai yukiharu’s orange stoneware that I could feel clay taste. 吉祥寺で、作家ものの洗練された陶器を扱っているOUTBOUNDさん。2008年にお店をオープンされたのですね。 ガラス張りの店内で風通しがいい雰囲気で、高級ブティック街でもない人通りも多い吉祥寺なので、敷居が高くなりがちな高級ブティック街の他の陶器のお店よりも多少気軽に入りやすいかもしれません。洗練された陶器が見つけられるのでぜひ足を伸ばしてみて下さいね。どなたの個展をやっているかぜひ事前にHPでチェック‼︎ 熊谷 幸治 (Yukiharu
14日 3月 2016
I read “やきもの談義”-Having talk Masako Shirasu(collector of pottery, Essayist) with Kato Tokuro*. Kato Tokuro is the great Seto potter.(1898-1985) He was intangible cultural asset. 白州正子さんと加藤唐九郎さんの焼き物談義をよみました。 At this book Kato Tokuro said Clay was very important like the food is important for cooking. この本の中で加藤さんは、料理で素材が大切であるように、器にとって土がとても大切だと言っています。 Also Kato Tokuro said it difficult to make durable pottery by clay in south Europe for him. It causes by type of clay in south Europe. 加藤さんは同時に南ヨーロ
26日 6月 2015
We often put real leaf on the dish to be looked dishes attractive (see below picture). But on the leaf designed dish we don't need any leaf on the dish (see upward picture). Leaf designed dishes are very convenient ! We don't need going garden to pick up leaf. So leaf designed dishes are also popular in Japan. 雰囲気のいい日本食のお店や、京都の和菓子屋さんなどで見かける食べ物の下に敷く葉。葉っぱは、彩りを添えて食べ物を美味しく見せてくれますよね。葉のデザインのお皿はとっても便利です。庭やベランダで葉をつんでこなくてもいいので(^^)
03日 6月 2015
This Decoration is like flower petal. We cald it flower petal Decoration(輪花). Often flower petal decoration made for white dishes. This Decoration is very feminine and delicately beautiful.お花が咲いたようなデザインの輪花皿や菊皿。可憐なデザインで、和食にも洋食にもとても使いやすく人気です!...

さらに表示する