カテゴリ:作家



21日 8月 2018
新宿京王デパート6階で開催された、えきのり子展(2018年6月28日~7月4日)に行ってきました。 購入したボールは、澄んだ水色です。以前ピピ島や西表島で見たビーチの水を思い起こさせるような美しい色の磁器です! 朝のコーヒー、スープ、抹茶まで、薄くて丈夫で、とても使いやすいです。抹茶のグリーンにもよく映えたりと、美しい水色に癒されます~。 以前台湾で購入した青磁がお気に入りで実家でずっと使っていました、結婚してからあまり青磁を使ったことがなかったのですが、やはり青磁には特別な存在感があります。青磁が、歴代の中国皇帝に愛されたのがわかります! 青磁は作品を作るのも難しいそうです。受注販売は行っていないとのことで、在庫があったので譲っていただけました^^ 新宿京王デパート6階は、大倉陶園・源右衛門・ノリタケ・深川製磁など老舗の陶磁器ショップが入っていて、日本中の有名陶磁器が手に入ります。 日本の伝統的な陶磁器のお気に入りのものが見つかるかもしれません。
20日 4月 2018
I visited to view cherry blossom in a beautiful gerden at hotel chinzanso in tokyo.‎ It had Eisui Nogami's Kutaniware exhibision. Eisui Nogami's Kutaniwares are brilliant and elegant. お花見で訪れた江戸川橋の椿山荘。 野上映翆さんの九谷焼の展示をしていました! 華やかで、上品な作品でした。 椿山荘の荘厳な雰囲気、広大な庭園のグリーンと調和していました。
20日 4月 2018
They are made by TATAMI(artist name). Using Shiganaki clay. Forming by hand. I feel handwork is natural and good for makeing original shape. たたみさんの作品です。 信楽の粘土です。手びねりで、自然で独特の形です。
24日 11月 2016
I read “ROSANJIN”. Kitaōji Rosanjin* (北大路 魯山人, 1883–1959) was a noted artist and pottery designer and chef in Japan. 美食家、アーティスト、陶器デザイナーとしても有名な魯山人の本を読みました。 He was born in Kyoto, at first became distinguished calligrapher.Then he ran an famous antique shop and a member-only restaurant in Tokyo....
27日 4月 2016
萩焼の金子司さんのきのこのマグネットです。金子さんは、たまたま知り合いのお兄さまで日本橋での個展にお邪魔したのです。アパレルブランドとコラボレーションしたり、美術館でインスタレーションをしていたり、アート性の高くおしゃれな作品ですね。東京ドームでのテーブルウエア展の萩焼のコーナーでも拝見しました(^^)